「#Twitterトレンド大賞 2020」トレンドワードTOP20

この度、「#Twitterトレンド大賞 2020」にて、データ・ドリブンで集計された2020年に最も話題となった上位20個のトレンドワードを発表いたします。2020年に日本のTwitter内でトレンドインした全てのワードを集計し、通年でのツイート量などを総合的に組み合わせた独自のアルゴリズムでランキング化いたしました。

また今年の「#Twitterトレンド大賞」は、ツイートデータを用いたアワードであるからこそランキングに入ってくるだろう暗い話題をただ取り上げるのではなく、「大きな苦難を少しでも前向きに乗り越えようとする姿」を発見することを目指しています。

情報提供元:PR Times


「#Twitterトレンド大賞 2020」トレンドワードTOP20

「#Twitterトレンド大賞 2020」において第1位となったのは、「コロナ(新型コロナ)」という結果となりました。第2位は「#検察庁法改正案に抗議します」、第3位は「緊急事態宣言」という結果となり、新型コロナウイルス感染拡大の影響がTwitterトレンドにも表れた1年となりました。また、各カテゴリーで最も話題となったトレンドワードの発表も行いました。スポーツ部門では「大坂なおみ」、ニュース部門では「#半沢直樹」、ゲーム部門では「#nintendoswitch」、アニメ部門では「鬼滅劇場版」という結果となりました。

そして、2020年最もリツイートを集めた「最多リツイート部門賞」、最もいいねを集めた「最多いいね部門賞」の2つの部門において「100日後に死ぬワニ『100日目』」が選ばれました。さらに、2020年に新規でTwitterアカウントを開設した人や団体の中から最も話題となったアカウントが選ばれる「急上昇アカウント部門賞」は「手越祐也」という結果となりました。さらに、「#Twitterトレンド大賞 審議委員会特別賞」に、新型コロナウイルス感染拡大防止のために発令された外出自粛要請により話題となった「#StayHome」が受賞となりました。

2020年の「#Twitterトレンド大賞」 開催の想い

2020年。
すべての人が、大きな困難に直面しました。
多くの人が、いまも苦難の中にいます。
今年はきっと、歴史に刻まれる年になる。

困難に直面したから、傷つけ合うこともあった。
でも一方で助け合い、励まし合うこともできた。

そう。大きな困難のあった今年は、
人間の強さが証明された年でもあったはず。

今年、「#Twitterトレンド大賞」は、
ツイートデータを使って、
困難に立ち向かう人々の強さを見つけるアワードになれる。

歴史の転換点である、今年こそ。
“みんなのツイートが、トレンドになる。”
「#Twitterトレンド大賞」を開催します。

公式サイト




こちらも読まれています

この記事のタグ

結果をSNSでシェアしよう!