2020.09.22

slugグルメ

見た目よりも意外と手間がかかる料理ランキング

本日のランキングは「見た目よりも意外と手間がかかる料理ランキング」です!

一見カンタンそうな料理でも、意外と手間がかかっている場合がありますよね。

みなさんの中では、どの料理が手間のかかる印象なのか?アンケートを取ってランキングにしてみました。

関連ランキング|やみつきになる辛い料理ランキング


「見た目よりも意外と手間がかかる料理」ランキングの結果は…?

それでは、「見た目よりも意外と手間がかかる料理」のランキングをcheckしていきましょう!

見た目よりも意外と手間がかかる料理ランキング

見た目よりも意外と手間がかかる料理ランキングのすべての結果を見る

第1位:コロッケ【意外と手間がかかる料理】


Amazonで見てみる

第1位は「コロッケ」でした!

茹でて潰したじゃが芋を、揚げて作られる「コロッケ」。外側のサクサク感と、中身のホクホク感が最高ですよね。

しかし、じゃが芋を茹でたり、玉ねぎやひき肉を炒めたりして中身の具材を作るため、確かに手間がかかる料理です。

第2位:ポテトサラダ【意外と手間がかかる料理】


Amazonで見てみる

第2位は「ポテトサラダ」でした!

茹でたじゃが芋を中心に作られるサラダである「ポテトサラダ」。しっとりした濃厚な味が魅力的ですよね。

しかし、じゃが芋を茹でたあと潰して終わりではなく、さらに野菜やハムなどの材料を細かく切ったりそれらを混ぜ合わせたりと、工程が多く面倒に感じる人が多いようです。

第3位:唐揚げ【意外と手間がかかる料理】


Amazonで見てみる

第3位は「唐揚げ」でした!

鶏肉を揚げて作られる「唐揚げ」。カリッとした食感と、ジューシーなお肉が良いですよね。

しかし、唐揚げは単純に鶏肉を揚げてるだけではなく、事前に鶏肉と調味料を一緒に揉み込んで味付けをしておく手間があります。

Pick up!! 『餃子』【意外と手間がかかる料理】


Amazonで見てみる

お肉や野菜を潰した具材を、小麦で作った薄い皮で包み、焼いたり茹でたりする「餃子」。

焼いた場合はパリっとした食感で、茹でた場合はもちっとした食感と共に、ジューシーな中身の美味しさが口いっぱいに広がりますよね。

餃子はただ単に具材を皮で包めば良いわけではありません。

具材を作ったあと、味を染み込ませるために冷蔵庫で寝かせたり、さらに皮が調理中に開かないように折り目を付けながら綺麗に包まなければならないので、想像以上に手間がかかります。

シンプルな見た目の料理でも、実は手間がかかっている

今回のランキングで改めて見てみると、シンプルな料理でも手間がかかっている印象でしたね。

例えば、揚げ物でもただ食材を揚げてるわけではなく、美味しくするための味付けが事前にしっかり行われていたりします。

確かに美味しい料理って口の中で美味しさが広がりますよね。

見た目よりも意外と手間がかかる料理ランキングのすべての結果

第1位 コロッケ
第2位 ポテトサラダ
第3位 唐揚げ
第4位 ロールキャベツ
第5位 餃子
オムライス
ハンバーグ
第8位 冷やし中華
茶碗蒸し
第10位 春巻き
第11位 肉じゃが
第12位 グラタン
カレー
第14位 酢豚
エビフライ
第16位 焼きそば
第17位 炒飯
第18位

関連ランキング|やみつきになる辛い料理ランキング

有効回答数:202票
集計期間:2020-08-14 12:00 ~ 2020-09-08 1:00
集計方法:RankinClip編集部にて独自の設問を作成し、RankinClipのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計しました。




こちらも読まれています

結果をSNSでシェアしよう!