テレワークになったら住んでみたい街ランキング

株式会社AlbaLinkは、男女500人を対象に「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」を実施し、そのデータをランキング化しました。その内容を訳あり物件買取PROにて公開しています。

訳あり物件買取PRO

「会社から完全テレワークが言い渡されたら、あなたはどの街に住みたいですか?」

仕事と住む場所は、多くの人にとって切っても切り離せない要素。

しかし、その制限がテレワークによって取り払われたとしたら?

そこで今回は、全国の男女500人を対象に「テレワークになったら住んでみたい街」と、その理由についてアンケート調査をおこないました。

情報提供元:PR Times

調査概要

  • 調査対象:全国の男女500人(男性46.4%/女性53.6%)
  • 調査対象の年代:20代19.6%/30代31.4%/40代32.6%/50代14.4%/60代以上2.0%
  • 調査対象の年収:200万円未満37.6%/200万円以上400万円未満32.2%/400万円以上600万円未満20.5%/600万円以上800万円未満6.0%/800万円以上1,000万円未満3.6%/1,000万円以上0.1%
  • 調査期間:2021年1月12日〜19日
  • 調査方法:インターネット(クラウドソーシングサービス)による選択式回答

調査サマリー

  • テレワークになったら住みたい市区町村ランキング第1位は那覇市
  • 男女別ランキングでも男女ともに那覇市が第1位だが、第2位以降は傾向に差が出た
  • 都道府県別の第1位は神奈川県
  • 選ばれた市区町村の理由には「自然がある」「利便性がいい」「住んでいる(住んでいた)」などのキーワードが挙がった

こちらも読まれています


結果をSNSでシェアしよう!