2021.02.09

slug音楽

レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2021年1月度

株式会社レコチョクは、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2021年1月度」を発表いたします。

情報提供元:PR Times

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2021年1月度 (2021年2月1日発表)

「レコチョクランキング」ではYOASOBI「夜に駆ける」が初の月間ランキング1位を獲得しました。

2020年2月12日(水)に先行配信された「夜に駆ける」は、コンポーザーのAyaseとボーカルのikuraからなる“小説を音楽にするユニット”YOASOBIの第一弾楽曲。2019年11月にAyaseのYouTubeチャンネルにて公開開始以来、SNSを中心に人気を集めていきました。

レコチョクの月間ダウンロードランキングでも、2020年5月度11位、6月度2位、その後も毎月TOP10以内 にランクイン、「レコチョク年間ランキング2020」で5位にランクインしました。初出場となった『NHK紅白歌合戦』での「夜に駆ける」テレビ番組初パフォーマンスも大きな話題を呼んだ他、1月に入ってからも『CDTVライブ!ライブ!』『ミュージックステーション』へ初出演し同曲を披露。さらに朝の情報番組でのインタビュー放映やバラエティ番組、ラジオ番組への出演、雑誌の表紙を飾るなど、複数メディアからの注目が続くとダウンロードが急伸。ロングヒットを続けるなかついに月間ランキングで1位を成しました。

「夜に駆ける」の原作小説を題材に制作されたオーディオドラマ『夜に駆ける』も好評配信中のなか、テレビアニメ『BEASTARS』第2期オープニングテーマの新曲「怪物」も3位に同時ランクイン。また、4月から『めざましテレビ』新テーマソングを担当するなど、2021年もさらに話題を集めています。

「アルバムランキング」もYOASOBI『THE BOOK』が月間ランキングで初の1位を獲得しました。

1月6日(水)に配信リリースされた本作は、YOASOBI初のEP。「レコチョクランキング」1月度1位に輝いた「夜に駆ける」をはじめ、原作小説がコミック化する「あの夢をなぞって」、原作小説が映画化された「たぶん」、飲料や映像作品とのコラボレーションを果たした「ハルジオン」、ブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソングの「群青」、鈴木おさむが原作小説を手掛けた「ハルカ」、Google PixelのCMソングとなった新曲「アンコール」など、全9曲を収録しています。「夜に駆ける」がロングヒットするなかでの多数メディア展開も相まって、これまでの話題曲・人気曲を網羅した『THE BOOK』も配信開始と同時に一気に人気を集めました。

原作小説の書籍化や映画化など、音楽のみならず幅広い分野で注目を浴びるYOASOBI。2月14(日)に控える初の配信ライブ『KEEP OUT THEATER』をはじめ、2021年も多くの話題と共に音楽シーンを席巻しそうです。

レコチョクランキング

1位:「夜に駆ける」YOASOBI (2020年2月12日配信開始)
2位:「炎」LiSA
3位:「怪物」YOASOBI
4位:「Dynamite」BTS
5位:「うっせぇわ」Ado

月間ランキング

アルバムランキング

1位:『THE BOOK』YOASOBI(2021年1月6日配信開始)
2位:『僕は僕を好きになる (Special Edition)』 乃木坂46
3位:『This is 嵐』嵐
4位:『STRAY SHEEP』米津玄師
5位:『BE』BTS

アルバムランキング

※1.レコチョクランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。

※2.アルバムランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。

※レコチョクアワードとは・・・対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。


こちらも読まれています


この記事のタグ

結果をSNSでシェアしよう!