ケンカするとき、付いてきてほしい元ヤンタレントランキング

本日のランキングは「ケンカするとき、付いてきてほしい元ヤンタレントランキング」です。

「元ヤン」と噂されるタレントはたくさんいます。現在は上品なイメージのあのタレントも、元ヤンだったりもします。

そんな元ヤンタレントたちのなかで、あなたがケンカするときに「ついてきてほしい」と思うタレントは誰ですか?アンケートを取ってランキングにしてみました。

おすすめ記事|かっこいいのに独身な40代俳優と言えば誰?【人気俳優ランキング】

「ヤンキー」という言葉は何語?

「ヤンキー」という言葉。不良少年を指して使われていますが、この言葉、そもそも日本のものなのでしょうか。

正解はアメリカ。もともとは北部アメリカ人を呼ぶ俗称として「Yankee」という言葉が使われていたのだそうです。

この言葉は明治大正の時代から日本でも使われていましたが、その使われ方は外国人を小ばかにするようなニュアンスだったようです。

ケンカするとき付いてきてほしい元ヤンタレントと言えば?【人気タレントランキング】

それでは、ケンカするとき付いてきてほしい元ヤンタレントランキングの上位3タレントをチェックしていきましょう!

第1位:和田アキ子(わだ あきこ)【元ヤン芸能人】


Amazonで見てみる

「ケンカするとき、付いてきてほしい元ヤンタレント」ランキング、第1位は和田アキ子さんでした!

和田さんはもともと歌手ですが、近年では「アッコにおまかせ」などバラエティ番組への出演がメインとなっているタレントさんです。

和田さんに「怖い」というイメージが付くようになったのは、彼女のシングル「あの鐘を鳴らすのはあなた」が大ヒットした翌年の73年ごろ。バラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』内にて「ゴッド姉ちゃん」と呼ばれ、お笑いタレントとドタバタ劇を繰り広げたことがきっかけだそうです。

しかし和田さんはタレント業と歌手業との両立ができなくなったことを不服に感じており、番組降板を申し入れました。そして同時期にレギュラー出演していたバラエティ番組も降板します。彼女はタレントであるとともに、確固たる信念を持った「シンガー」なのです。

第2位:宇梶剛士(うかじ たかし)【元ヤン芸能人】


Amazonで見てみる

「ケンカするとき、付いてきてほしい元ヤンタレント」ランキング、第2位は宇梶剛士さんでした!

今でこそやさしいイメージの強い宇梶さんですが、当時日本最大級の暴走族とされていた「ブラックエンペラー」の総長を務めたこともあるという恐ろしい経歴の持ち主。同じく元暴走族だったタレント・ヒロミさんは「僕らがガキだったころ、とんでもなく有名だった人」とコメントしています。

そんな宇梶さんですが、少年院での生活で読んだチャップリンの伝記がきっかけで俳優を志すようになります。80年代ごろからトレンディドラマのわきやくとして徐々に人気を博すようになり、現在では元ヤンという経歴を生かしたトークを強みにバラエティ番組でも活躍するタレントとなりました。

第3位:木下優樹菜(きのした ゆきな)【元ヤン芸能人】


Amazonで見てみる

「ケンカするとき、付いてきてほしい元ヤンタレント」ランキング、第3位は木下優樹菜さんでした!

彼女も有名な「元ヤン」タレントの一人。中学時代には副番長を務めていたとのことですが、「タイマン」でトーナメント戦をし番長を決めた武勇伝はあまりにも有名ですよね。

2010年にお笑いタレントの藤原 敏史(FUJIWARA)とご結婚され、その後二人のお子さんに恵まれます。夫婦そろってバラエティ番組やCMに出演することも多く、幸せな家庭のイメージが強い元ヤンタレントです。


こちらも読まれています


結果をSNSでシェアしよう!