2020年インスタ流行語大賞

株式会社パスチャーが企画・運営を手掛ける流行先取りメディア「Petrel(ペトレル)」は、トレンドを予測するメディアとして独自に選定した「インスタ流行語大賞」と、流行に敏感な10代〜20代女性を対象とした調査に基づく「部門別インスタ流行語大賞」を発表いたします。

情報提供元:PR Times


Petrel「インスタ流行語大賞」とは

「インスタ流行語大賞」とは流行先取りメディアPetrelがその年に話題・流行となったモノやコト、人物を表彰する賞です。

Instagram(インスタグラム)での投稿数やトレンドの先取り感などを基準に独自に選定した「2020年インスタ流行語大賞」と、流行に敏感な10代〜20代女性を対象とした調査に基づく「部門別インスタ流行語大賞」があります。

2020年 インスタ流行語大賞

2020年インスタ流行語大賞第1位に選ばれたのは「やりらふぃー」。TikTokで流行した楽曲「CHERNOBYL 2017」のサビの部分が「やりらふぃー」と言っているように聞こえることから、この音楽を使ってダンス動画を投稿している“パリピ系”の若年層のことを「やりらふぃー」と呼ぶようになりました。

同じくTikTokから話題となった「ぎゃきゅん」も第2位にランクイン。

“なんだかイケてない人物”を表す「チー牛」、泣きはらしたかのような目元を作る“地雷系メイク”を楽しむ「ぴえん系女子」など、個性的な人物を象徴するワードも話題に。

またおかわりをする度にサイズがアップしていくという「出世サワー」、“エモい”写真が撮影できることで話題となった「夜のシャボン玉」などはInstagramでも投稿件数が急上昇していました。

ランキングの詳細はこちら

「部門別インスタ流行語大賞」とは

Petrel公式Instagramアカウントの10代・20代女性を中心としたフォロワーに対し、ストーリーズでのアンケート調査によるユーザーのリアルな意見を集計し、決定した賞です。

  • モノ・コト部門
  • 芸能人部門
  • YouTuber部門
  • 流行語部門
  • 食べ物部門
  • 楽曲部門
  • アーティスト部門

以上、7つの部門で「部門別インスタ流行語大賞」を発表いたします。

【モノ・コト部門】

【モノ・コト部門】では、「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が圧倒的な票数を獲得し堂々の1位に。2020年11月に公開された“劇場版 鬼滅の刃 無限列車編”は興行収入ランキング歴代トップ10入りを果たすほどの大ヒットを記録し注目の的となりました。

その他、「おうち時間」「Zoom(ズーム)」「リモート飲み」などといったWithコロナ時代を象徴するモノ・コトがランクインする中で、3位「ダルゴナコーヒー」、10位「梨泰院クラス(イテウォンクラス)」、13位「愛の不時着(あいのふじちゃく)」などといった韓国起源のコンテンツが続々とランクインしました。

モノ・コト部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:ぴえん/12位:おしゃピク/13位:愛の不時着/14位:Uber Eats/15位:バナナジュース/16位:やりらふぃー/17位:地雷メイク/18位:量産型女子/19位:単色コーデ/20位:約束のネバーランド
※敬称については省略させていただいております。

【芸能人部門】

【芸能人部門】では、2020年上半期【芸能人部門】でも1位となった「フワちゃん」が、上半期からさらに活躍の幅を広げ1位を獲得。ジャニーズ事務所から2020年1月に華々しいデビューを果たした「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man(スノーマン)」がそれぞれランクイン。また、関西ジャニーズJr.内の7人組アイドルグループ「なにわ男子」も、上半期の14位から大幅に順位をあげ堂々のトップ3入りを果たしました。

芸能人部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:上白石萌音/12位:志尊淳/13位:EXIT/14位:浜辺美波/15位:佐藤健/16位:Travis Japan/17位:平野紫耀/18位:生見愛瑠/19位:嵐/20位:四千頭身
※敬称については省略させていただいております。

【YouTuber部門】

【YouTuber部門】では2020年上半期に続き、男女二人組YouTuber「パパラピーズ」が1位を獲得。若年層ユーザーからの圧倒的人気を見せつけました。バラエティ番組への出演や書籍の発売などYouTubeを越えた活躍も目立っていた「東海オンエア」「ヴァンゆん」「エミリン(大松絵美)」といった、人気YouTuberも続々とランクイン。

YouTuber部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:ヒヨごん/12位:手越祐也/13位:なこなこ/14位:ももち(牛江桃子)/15位:きりまる/16位:カノックスター/17位:古川優香/18位:kemio/19位:そわんわん/20位:QuizKnock
※敬称については省略させていただいております。

【流行語部門】

【流行語部門】の1位は泣いていることを表す言葉としてSNSを中心に話題となった「ぴえん」という結果に。「ぴえん」をさらに強調させた「ぴえん超えてぱおん」も同時に話題となりました。さらに2位の「きゅんです」、6位の「やりらふぃー」、20位の「ぎゃきゅん(逆きゅん)」など、TikTok発祥のワードが続々と上位にランクインしていました。TikTokから若者の新たなトレンドが発祥している様子が伺えます。

流行語部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:〜もろて/12位:草/13位:ドルガバ/14位:全集中!/15位:コロナ/16位:大優勝(優勝)/17位:GOTO/18位:おうち時間/19位:おうちカフェ/20位:ぎゃきゅん
※敬称については省略させていただいております。

【食べ物部門】

【食べ物部門】では1位の「ダルゴナコーヒー」に続き、「イチゴ飴」「オレオチーズケーキ」「フルーツサンド」など、若年層を中心にブームとなった、“おうちカフェ”のメニューが続々とランクイン。また、「センイルケーキ」「チーズキンパ」「ヤンニョムチキン」といった韓国グルメも多くランクインしていました。

食べ物部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:クリームメロンソーダ/12位:しぼりたてモンブラン/13位:バスクチーズケーキ /14位:チーズボール/15位:カヌレ/16位:レモネード/17位:オートミール/18位:UFOチキン/19位:ハットグ/20位:ぴえんクッキー

【楽曲部門】

【楽曲部門】で1位となったのは、男性ミュージシャン瑛人(えいと)の「香水」。2019年に各音楽配信サービスにてリリースされた配信シングルですが、2020年4月以降主要音楽チャートにランクイン。各アーティストにもカバーされ注目を浴びました。

また【モノ・コト部門】で1位となった『鬼滅の刃(きめつのやいば)』の主題歌であるLiSA(リサ)の「紅蓮華」、「炎」は、2作品同時ランクインを果たす結果となりました。

楽曲部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:I LOVE(Official髭男dism)/12位:ぎゅっと。(もさを。)/13位:snow jam(Rin音)/14位:裸の心(あいみょん)/15位:スマイル(森七菜)/16位:Myra(Tani Yuuki)/17位:無限大(JO1)/18位:感電(米津玄師)/19位:RUN(Sexy Zone)/20位:Pretender(Official髭男dism)
※敬称については省略させていただいております。

【アーティスト部門】

【アーティスト部門】では、デビュージングル『Make you happy』が楽曲部門の4位にランクインした、9人組グローバルガールズグループ「NiziU(ニジュー)」が圧倒的票数を集め1位を獲得。その他【楽曲部門】でもランクインしていた「YOASOBI(ヨアソビ)」や「LiSA(リサ)」などを中心に、今年の顔ぶれにふさわしいアーティストが次々とランクインする結果となりました。

アーティスト部門11位〜20位のランキングは下記になります。
11位:マカロニえんぴつ/12位:嵐(あらし)/13位:King & Prince(キング アンド プリンス)/14位:Travis Japan(トラビス ジャパン)/15位:DISH//(ディッシュ)/16位:あいみょん/17位:日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)/18位:The RAMPAGE(ザ ランページ)/19位:もさを。/20位:BLACK PINK(ブラック ピンク)
※敬称については省略させていただいております。

Petrel公式Webサイト

■「部門別インスタ流行語大賞」調査概要
調査対象:Petrelの公式Instagramアカウント「@petrel_jp」のフォロワー
フォロワー数:227,9592/性別:女性93%、男性7%(2020年11月6日 時点)
調査期間:2020年11月6日(金)
回答数:
モノ・コト部門:n=519/芸能人部門:n=692/YouTuber部門:n=579/流行語部門:n=462/食べ物部門:n=403/楽曲部門:n=695/アーティスト部門:n=793




こちらも読まれています

結果をSNSでシェアしよう!