2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)は、「LIFULL HOME’S」に掲載された物件のうち、実際の問合せ数から算出した『2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」を発表しました。

情報提供元:PR Times

2021年 住みたい街ランキング

本リリースのポイント

賃貸ユーザーと購入ユーザーで住まいに対する考え方の違いが顕著に

  • 賃貸ユーザーは「郊外志向」、購入ユーザーは「都心志向」と「郊外志向」の二極化に。
  • 住み替えのしやすい賃貸ユーザーは、「低家賃」「都内へのアクセスのしやすさ」「ターミナル駅で生活利便性が担保できる」などの理由から郊外化の傾向。
  • 新型コロナウイルス収束後を見据える購入ユーザーは、利便性や資産価値重視で都心化。一方で、テレワークの影響で都心暮らしへの必要性が薄れ、資産性が大きく下がらない程度に通勤・通学可能な準近郊のベッドタウンへの関心も高まっており二極化の傾向。

首都圏版「借りて住みたい街」ランキング

  • 1位はコロナ禍で大躍進の「本厚木」!
  • 都心近郊の人気エリアが軒並み順位を落とす中、郊外エリアが大きく上昇。

2020年は年間を通して新型コロナウイルスの感染拡大が物件検索や問合せにも大きな変化を与える結果となりました。三密を避ける「ステイ・ホーム」という新しい生活様式の中で、仕事や学校もテレワークやオンライン授業が定着し、比較的住み替えしやすい賃貸ユーザーの問合せは郊外化の傾向が鮮明になりました。

なかでも、『2021年 首都圏版 LIFULL HOME’S借りて住みたい街ランキング』で1位になった「本厚木」を筆頭に、「千葉」「柏」「町田」など、準近郊・郊外でも都心方面へ乗換なしでアクセス可能な路線沿いの駅が軒並み大きく順位を上げています。上位以外でも、前回調査で141位だった「木更津」が41位に、117位だった「湘南台」が53位に、134位だった「茅ケ崎」も62位とベスト100圏内に上昇し、賃貸ユーザーの郊外化が顕著に現れています。

対照的に、前回まで4年連続1位の「池袋」が5位に後退したのを始めとして「川崎」(3位→10位)、「三軒茶屋」(6位→16位)、「吉祥寺」(9位→18位)など、都心周辺の人気エリアが軒並みランクダウンとなりました。

ランキング結果詳細はこちらをご参照ください。

2021年 LIFULL HOME’S
住みたい街ランキング

1位「厚木市」小林常良市長からのコメント

本厚木駅は新宿駅まで乗り換えなく1時間、横浜駅まで40分でアクセスできることに加え、市内には東名、新東名、圏央道といった高速道路が走り、交通利便性が高いことが特徴です。また、中心市街地では駅前広場を含む再開発事業を始め、「駅近マンション」が建設されているなど、駅前の新たな顔づくりが進められており、街の更なる魅力・利便性の向上が期待されています。さらに、郊外に目を向けると、丹沢山系を始めとした豊かな自然環境に恵まれ、ハイキングや温泉郷、イチゴなどの味覚狩りが楽しめるなど、観光資源にも恵まれており、自然と都市が調和した暮らしやすさがランキング結果に表れたものと感じています。厚木市にお引越しされてくる方々からは、「通勤に便利」、「週末は気軽にアウトドアも楽しめる」、「個性的な飲食店も多くアフター5も充実」といったお声をいただくことが多くあります。特に、子育て世帯の皆様からは「買い物も便利でなんでもそろう」、「公園や児童館などの公共施設が多く、遊ぶ場所に困らない」、「子育て支援が手厚い」といったファミリーで暮らしやすい街として好評です。

厚木市では「子育て教育環境日本一」を目指して、「紙おむつ等の支給」、「中学生まで医療費無償」などの支援メニューを数多くそろえています。また、他の調査(※)では、「認可保育園に入れる」、「病児保育施設が充実している」、「学童保育が充実している」など、共働きしながら子育てしやすい街として全国トップクラスの評価をいただいています。

厚木市は、これからも、あらゆる世代の方々が充実した生活を送ることができる支援や、まちづくりを進めていきます。興味を持たれた方はぜひ一度お越しください。

※ 共働き子育てしやすい街ランキング(日経DUAL、日本経済新聞社の自治体調査)


こちらも読まれています


この記事のタグ

結果をSNSでシェアしよう!