マンガ好き&読書好きが選ぶ、夏のメディア化作品・注目度ランキング

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」において、【2020年夏 注目のおすすめメディア化作品】の特集ページを8月14日(金)より公開しました。「BookLive!」の会員2,752名から寄せられた<2020年夏のメディア化作品注目度>アンケートの結果を発表いたします。

情報提供元:PR Times

夏のメディア化作品・注目度ランキングTOP3結果概要

「2020年夏(7月~9月)に放送・公開になるメディア化作品の中から、あなたが注目している作品を教えてください(最大3つまで回答可)」というアンケート調査で、得票数第1位に輝いたのは『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』でした。コロナ禍の折、医療関係の仕事が度々クローズアップされる昨今ですが、この作品では「病院薬剤師」というこれまであまり知られていなかった職業に焦点を当て、縁の下の力持ちとも言える働きぶりをつぶさに描いています。業務のハードさ・知識の豊富さにまず驚かされますが、患者やその家族の気持ちに寄り添って問題を解決しようとする主人公たちの姿、ケースごとの人間関係の描写も魅力のようです。

第2位は、映画最新作が公開となった『コンフィデンスマンJP』でした。コンフィデンスマン(信用詐欺師)の男女3人が、悪徳企業のドンやマフィアのボスなどから、あらゆる手段を使って金を騙し取る人気シリーズです。2018年の連続ドラマ放映開始とほぼ同時に小説版が発売され、読み物としての面白さも折り紙付きの古沢良太作品。テンポの良さと巧妙な展開を賞賛するコメントが多く集まりました

第3位は、『家政夫のナギサさん』でした。製薬会社のMRとしてバリバリ働く一方、家事はてんでダメで部屋が荒れ放題な主人公のもとに、ある日突然やってきたオジサン家政夫。初めはぎこちないものの、「ナギサさん」の包容力が徐々に主人公の心を癒していきます。特に女性から「こんな家政夫さん、うちにも来て欲しい!」という声が多く寄せられました。

おすすめメディア化作品特集ページ

1位:アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり(ドラマ化)


著者名:荒井ママレ
    富野浩充(医療原案)
出版社:コアミックス

BookLive! ユーザーからのコメント

「病院薬剤師という、あまり一般的には知られていないお仕事が題材で、大変注目しています。」
「久々に面白いドラマだと思っています。ドラマが面白いからこそマンガが読みたくなるパターン!」
「患者へ歩み寄ろうとする姿、自分への課題をひとつずつ解決して成長していく姿は、自分の職種とは違うけれど、相手に対する思いやりにつながり、刺激を受けます。」

作品ページ


こちらも読まれています


結果をSNSでシェアしよう!