2020.12.27

slug音楽

2020年11月度dヒッツアーティストランキング

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供する定額制音楽配信サービス「dヒッツ® powered by レコチョク」(以下:「dヒッツ」)は、2020年11月度の楽曲総再生回数をもとにした「2020年11月度dヒッツアーティストランキング」を発表、LiSAが初の1位を獲得しました。

情報提供元:PR Times


「2020年11月度dヒッツアーティストランキング」はLiSAが初の1位を獲得

2020年10月12日(月)に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌である「炎」を先行配信したLiSAは、11月はテレビ番組に多数出演し「炎」を熱唱。TBS『CDTV ライブ!ライブ!』、NHK『うたコン』、日本テレビ『ベストアーティスト2020』といった音楽番組のほか、日本テレビ『行列のできる法律相談所』への登場も話題となりました。さらに『NHK紅白歌合戦』2年連続出場決定、TBS『第62回 輝く!日本レコード大賞』では優秀作品賞を受賞と多方面で注目を集め、dヒッツでのLiSAの楽曲の再生回数も上昇し、先月10月度の3位からランクアップする形で「dヒッツアーティストランキング」を制覇。同ランキングにおいて初めて首位に輝きました。

「楽曲再生回数ランキング」でも11月度はLiSAの「炎」が2カ月連続1位、「紅蓮華」が2位と1,2位独占。ロングヒット中の「紅蓮華」はTVアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマで、関西テレビでは10月23日(金)より毎週金曜日のゴールデンタイム(関西ローカル枠)にてTVアニメ版の再放送をスタート。以前話題となったフジテレビ系『土曜プレミアム』及び関東ローカル枠での“鬼滅の刃”再放送時と同様に高視聴率を記録しており、再び「紅蓮華」の注目度がアップした一因にもなったようです。これらの楽曲をお聴きいただける「LiSAアーティストプレイリスト」も「プレイリスト月間再生回数」で3位にランクインするなど、11月度も再生数を伸ばしました。

また、「プレイリスト再生回数ランキング」では「BTSアーティストプレイリスト」が初の1位を獲得しました。このプレイリストは、ニューアルバム『BE』収録曲である「Dynamite」「Life Goes On」をはじめ、「Stay Gold」「ON [Japanese ver.] 」「血、汗、涙 [Japanese ver.]」「Lights」など、BTSの人気曲が聴き放題! 8月に世界同時リリースした「Dynamite」で全米シングルチャート1位を獲得し、さらには『グラミー賞』ノミネートを果たすなど、いずれも韓国アーティスト初となる快挙を成し遂げた男性7人組グループ・BTS。ワールドワイドで活躍中の彼らは日本でも圧倒的人気を誇り、11月度はニューアルバム『BE』配信リリースに加えて、先日放送された日本テレビ『ベストアーティスト2020』でのパフォーマンスも話題となりました。dヒッツでも“BTS旋風”を巻き起こし、「Dynamite」は「楽曲再生回数ランキング」で4位にランクイン、「dヒッツアーティストランキング」でも9位にランクインしています。

今話題のアーティスト、楽曲を楽しめるdヒッツをぜひお楽しみください。

LiSAアーティストプレイリスト

BTSアーティストプレイリスト

2020年11月度 dヒッツアーティストランキング

(集計期間:2020年11月1日~11月30日)

1位 LiSA
2位 back number
3位 米津玄師
4位 Official髭男dism
5位 嵐

dヒッツ楽曲再生回数ランキング

1位 炎 LiSA
2位 紅蓮華 LiSA
3位 夜に駆ける YOASOBI
4位 Dynamite BTS
5位 Make you happy NiziU

dヒッツプレイリスト再生回数ランキング

1位 BTS
2位 嵐
3位 LiSA
4位 back number
5位 TWICE

dヒッツ




こちらも読まれています

結果をSNSでシェアしよう!